履歴書の書き方 Q&A

履歴書・職務経歴書の書き方 Q&A

手書きが良い?パソコンで作成するのが良い?

手書き指定をされていなければ、パソコンで履歴書を作成をしても問題はありません。

手書きの場合

手書きは書く人の性格が出ますので、手書きを指定する職場もあります。丁寧に楷書で書きましょう。文字の大きすぎや余白が多いのも好ましくないでしょう。枠内におさまるように、事前に鉛筆で枠内に罫線をひいてから書くとよいでしょう。

パソコンの場合

パソコンで仕上げる場合は必ずプリントアウトしてから、1度チェックをしましょう。誤字脱字などがパソコンの画面では気がつかないことがあります。

日付って記入する日?提出する日?

履歴書に書く日付は「記入した日」ではなく「提出する日」です。郵送の場合は投函日、面接の場合は持参日です。
履歴書全体で西暦か元号表記かで統一するとすっきりします。
元号で書く場合には、「H」や「S」と略さず「平成」や「昭和」と記入しましょう。

年号早見表はこちら!

証明写真はスナップ写真でも大丈夫?

スナップ写真は使用せず、3ヶ月以内に写真館などで撮影した証明写真を貼りましょう。駅などに設置されている証明写真ボックスでも大丈夫です。

証明写真撮影のときは、自然体で映ることが重要です。ピアス、帽子、ネックレスなどは外しましょう。また上目遣い、斜め上からの角度に調整、目線外しは使わないようにします。

履歴書に貼るときは、剥がれ落ちる場合に備えて裏面に名前を書いておきましょう。

現住所・連絡先は、省略しても問題ない?

現住所は都道府県名、集合住宅名や部屋号番などを略さずに記載します。
連絡先は携帯電話番号でかまいませんが、就職、転職活動が始まったらいつでも連絡を受けることができるようにしておきましょう。

学歴はどこから書く?高校から?大学から?

一般に高校以降の入学・卒業年月日を記載します。高校卒業→大学入学→大学卒業年月日 次の卒業年表早見表で確認し、正確な年月日を記載してください。また学校、大学名等も正式名称を記載します。

年号早見表はこちら!

職歴は、アルバイトも書いたほうがよい?

履歴書の職歴欄には経歴の要約を記入します。退職、入職の年月日も記載します。複数あるときは箇条書きにすると良いでしょう。できれば非常勤、アルバイト、パートタイマー等の職歴も記載します。

退職理由は「一身上の都合により」と記載するのが一般的です。ただ具体的な事柄を考えておかないと面接の時に質問されてしまうので、考えておきましょう。
履歴書の職歴には職歴を特筆させたい職歴を優先して記載します。別途職務経歴書を添付する場合は、特筆できる職歴の「職務内容」「担当部署」「所属会(学会等)」「学んだこと」などを詳しく記載します。

免許・資格の欄は何を書くの?

資格・免許の取得年月日と、正式名称を記載すること。専門性のある資格や免許のみならず、自動車免許等の一般的なものも必ず記載します。

志望動機、自己PR等のNG

「キャリアアップ」という言葉はNG

「キャリアアップ」とは自分の中での目標であり、相手の会社にとっては関係のないことです。
むしろ「うちを踏み台にするのか」といったような不快感を持たれないとも限りません。「こんな経験、資格をもって頑張りたい」という言い方にしましょう。

「スキルアップを図りたい」「成長したい」はNG

具体的なスキルとは何をさすか説明できないといけません。また、その具体的な説明や言及がなければ、どんな職場・仕事でも当てはめることができるスキルとなってしまいます。職場(会社)は研修でも勉強会でもありません。
スキルは自分自身で身に付けるものであり、特に中途採用の場合は、すでに一定のスキルが身についている上での採用なので、気をつけましょう。

前の職場の悪口を言うのはNG

志望動機や面接のときに前の職場を悪く言うのは厳禁です。
「上司が最悪で・・・、合わなくて・・」「残業が多くて・・・休日がとれなくて・・・」等。聞き手、受け手側に回ると「貴方の方に問題があったのでは・・」「仕事の要領が悪いんじゃないのか・・・」と思われ、他人のせいにする人だと認識されてしまう可能性があります。

「社会に役立つ仕事がしたい」「感謝される仕事がしたい」はNG

そもそもどんな仕事でも社会に役立っているのです。気を配り、頑張ればどんな仕事でも感謝されるのです。
新卒ではないので、「社会とは、仕事とは何か」という基本を理解していないといけません。

自己PRの書き方

自己PRのテーマを絞ろう

自己PRのテーマは1つに絞り、「志望理由」「就職してやりたいこと。かなえたいこと」「自分の強み、採用した職場側のメリット」を一貫させましょう。

たとえば志望理由に「取得した技術を生かしてさらに向上させるため」と記載しながら、「就職してやりたいこと」に「将来はマネージメントに興味があり、人の育成にも尽力したい」と記載すると、結局何がしたいのかわからなくなります。
まず転職を決めた時点で「転職の理由」「将来やりたいこと」を明確にし、転職の目標がぶれないようにすることが大切です。その上で自分の強みをアピールし、就職先のメリットとなることを強調します。

自己PRのテクニック

また自己PRのテクニックの1つとして、具体的なエピソードを入れると、説得力があります。たとえば「以前の職場でこんなことがあったので、自分の今後の経験に生かしたい、こんなことができる仕事がしたい」等です。

「自分の強み、採用した職場側のメリット」は、できれば技術面(資格、経験等)と性格面(がまん強さ、コミュニケーション力、ポジティブさ等)の両面をさりげなく記載、強調できると良いでしょう。