動物看護師になるにはどうしたら良いの?

動物看護師はどんな仕事をするの?

動物看護師のお仕事は多種多様

基本的には、動物看護師は動物に対する直接的な医療行為は行えません。では何をするのかというと、診察中の獣医師の補助、投薬、手術の補助、動物のお世話等が主な仕事です。
動物病院を利用した方はよくわかると思いますが、動物看護師さんが診察中の動物を上手に押さえ込んだり、やさしく声をかけて動物を落ち着かせてくれたりします。また預かっている動物のお散歩等のお世話をしている看護師さんも度々見かけます。手術の補佐、投薬等の医療行為に近い作業は、全て獣医師の指示のもとに行われます。

病院内の清掃も大切なお仕事です。糞尿の処理の仕方等の専門知識が必要となり、立ち入り検査の結果にも大きな影響を与えるため、責任重大な作業です。
動物病院によっては、カルテ整理・受付等のお仕事を任される場合もあります。医療行為が出来ない反面、動物病院において、かなり多くの仕事を任されるのが動物看護師です。

また、最近では動物病院以外で働くという選択肢も増えてきました。動物看護師としてペットホテル等ではたらく場合、動物のケアが主な仕事となります。

動物看護師になるにはどんな資格がいるの?

動物看護師になるために必要な国家資格はない

ペット医療になくてはならない動物看護師ですが、実は、動物看護師になるために必要な国家資格はありません。
動物看護師の専門学校は昔からありますが、最近では大学でも動物看護学科なるものが登場し、学ぶ場所がどんどん増えています。 一口に動物看護師と言っても多種多様化しているのです。しかし法律上は、きちんと仕事内容を理解している人であれば誰でも動物看護師になることができます。

「それではあまりにも・・・」ということで、まず民間団体による認定を受ける免許が多数登場しました。
しかしながらこれらはあくまでも民間団体による認定であり、免許によって動物看護師のレベルが異なるという問題が存在します。

動物看護師統一認定試験とは

動物医療への意識が高まっている近年では、動物看護師のレベルをある程度統一し、きちんとした公的資格にしようという動きが活発になってきました。そこで、2011年に「動物看護師統一認定機構」なるものが登場します。

ここが実施している試験に合格した人を「認定動物看護師」と呼ぶようになりました。国家資格ではありませんが、認定動物看護師と呼ばれる方々が「今現在最も信頼性の高い認定を受けている動物看護師」と言ってよいのではないでしょうか。

動物看護師統一認定試験は、マークシート方式の一般問題と実地問題からなります。当然のことながら、動物看護学に関する問題が出ます。合格率は80%強なので超難関というほどではありません。
ただしこの試験を受けるには、動物看護学を学校で修了している等の必要条件があります。認定動物看護師を目指すのならば、例外はありますが、専門学校・大学等への進学が必須です。

将来を見据えて選択しよう

動物病院の求人広告をみるとよくわかるのですが、条件欄に未経験者歓迎・専門学校卒・大学卒といった区分が存在することが多いです。学校を卒業していることが絶対条件である動物病院もあれば、未経験者を歓迎している病院もあります。未経験者の場合でも病院できちんとした指導を受けられると思いますので、過度に不安を抱く必要はないと思います。

しかしながら、当然といえば当然ですが、経験者や学校卒業者は優遇されます。学校を卒業しているかどうかで、初任給に違いがある場合が多いです。また、現在は動物看護師を目指す人のほとんどが、大学や専門学校を卒業しています。法律上は問題ないとしても、全くの未経験で動物看護師になるケースは、全体の1割に満たないそうです。

現在のところ国家資格を必要としない動物看護師ですが、先ほども述べたように、動物医療への意識の高まりに伴って、将来は動物看護師の国家資格が制定される可能性は高いです。将来のことを考えて、動物看護師になるための方法を選択することも大切なことだと思います。

動物看護師の就職活動はどうするの?

働く場所の候補

動物看護師の職場は動物病院だけだと思っている方も多いと思います。
もちろん動物看護師の職場として多くを占めているのは動物病院です。しかし、最近は動物に関するビジネスが多様化していることから、動物看護師の働く場所も多様化しています。
ペットショップ、ペットホテル、ペットサロン、動物園等、活躍の場は様々です。自宅で個人的にペットホテルを開業する方もたくさんいます。ペットホテルやサロンに動物看護師の方がいると、なんとなく安心できるような気がしますよね。

動物関連の事業では、動物看護師という肩書きは大きな強みとなるのではないでしょうか。最近ではペットのしつけ等の資格も登場しています。それらを併せ持っていると、より選択肢が広がり、さらには就職活動を有利に進めることが出来るかもしれません。

就職活動の方法

特別な就職活動が必要ということはありません。
求人が出ているかを確認し応募するという、一般的な就職活動と同じだと思われます。
注意点としては、福利厚生の充実や勤務体系等をしっかり吟味することです。例えば大きな動物病院ではあまり心配はありませんが、個人経営の動物病院では福利厚生が十分でない場合があります。
また深夜勤務がある場合、それに対する手当等も重要な考慮すべきポイントです。

言葉の通じない動物を相手にし、業務内容は多岐にわたることが多いため、動物看護師の仕事はなかなかの重労働であると予想されます。
それに対してきちんとした手当、保障が得られない職場では長く働くことは難しいのではないでしょうか。求人を比べ、自分にあった仕事内容であるかどうか、十分に保証を得ることができるか等を下調べをきっちりとして応募することをおすすめします。

面接の受け方

面接の受け方も基本的には一般的な就職活動の面接と一緒だと言っていいでしょう。
面接でアピールするポイントとしては、まず第一に動物に関連する資格を持っているかどうかです。
動物看護師の資格はもちろんのこと、トリミングやしつけ等の免許を持っている場合はしっかりアピールするといいかもしれません。ただし、闇雲にアピールすればいいということでもないので、その会社にとって有益になりそうな免許かどうかをきちんと見極める必要はあるかもしれません。

次に動物病院を含め多くの動物に関する事業の場合、飼い主とのやり取りは必須事項です。
そのため、コミュニケーション能力等の有無も大切なポイントです。また重労働であることから、体力の有無、 体を動かすことが苦ではない等の人物を求めている場合が多いと思われます。これらのことを積極的にアピールするといいかもしれません。

動物看護師専門学校とは

動物看護師専門学校とは、動物看護師になるための勉強を専門にする学校です。
動物看護師は獣医師の助手です。診察補助・手術補助・動物の世話等、動物看護師として必要な知識・スキルはたくさんあります。それを二年もしくは三年かけてみっちり学ぶ場所が、動物看護師専門学校です。

動物看護師になるために必要な国家資格はありません。そのため、資格取得のための勉強だけをするのではなく、獣医師の助手として即戦力になるよう実践的な知識・スキルを中心にを学んでいきます。
ただし、最近では動物看護師の公的資格化を目指す動きがあり、それに向けて前段階として「動物看護師統一認定試験」というものが登場しました。
国家資格ではないため動物看護師になるための必須資格ではありません。しかし、この資格の認知度も上がり、この資格を持っていることが応募の必須条件という求人も増えてきました。
ですので多くの動物看護師専門学校がこの試験にも対応できるようコアカリキュラムと呼ばれているカリキュラムを採用しています。

どんな動物看護師専門学校があるの?

有名動物看護師専門学校のご紹介

専門学校の選択肢として、どんな学校があるでしょうか?
ここでは「名称」「住所」「入学方法」「費用」「専門学校の特徴」
これらの項目を併せて紹介していきます。動物看護師専門学校選びに悩んでいる方の参考にしていただけたら嬉しいです!

ヤマザキ動物専門学校

住所 東京都渋谷区
入学方法 入学試験有り
AO入学
学校長推薦入学
社会人・大学生枠入学
一般入学
費用 入学時納入金 748,000円~
内訳
入学金 150,000円
前期学費 566,000円~
諸費用 23,000円~
同窓会費 10,000円
※別途教材費として257,870円必要
専門学校の特徴 創立50周年、8年連続就職率95%以上を誇る専門学校です。動物看護師統一認定試験に対応したコアカリキュラムを採用しています。3年制の動物看護・美容学科、2年制の動物看護学科があります。奨学金制度が充実していることも特徴です。

国際動物専門学校

住所東京都世田谷区
入学方法 入試有り
学校推薦入試
自己推薦入試
社会人入試
一般入試
費用 入学時納入金 833,000円~
内訳
入学金 180,000円
前期学費 595,000円
諸費用 58,000円
※別途教材費が必要(金額の記載なし)
専門学校の特徴 61年の歴史を誇る動物の専門学校です。動物看護師統一認定試験に対応したコアカリキュラムを採用し、試験合格率100%を誇ります。
3年制の動物看護・栄養学科、動物看護・理学療法学科があり、動物看護のスペシャリスト育成を目指しています。

大阪ECO動物海洋専門学校

住所大阪府大阪市西区
入学方法 入学試験あり
AO入学
高等学校推薦
一般入学
社会人入学
編入学
費用 入学時納入金 123,000万 (内訳は要資料請求)
※別途教材費等必要
専門学校の特徴 コアカリキュラムに加え、試験対策特別授業・模擬試験を定期的に実施するなど、動物看護師統一認定試験合格を目指し全面バックアップしてくれます。
充実した実習に加え、アメリカ・オーストラリアでの海外研修が有ります。様々な経験を積むことで卒業後の選択肢もぐっと増やすことが可能です。

名古屋スクールオブビジネス

住所愛知県名古屋市
入学方法 入試有り
AO入学
高校推薦入学
自己推薦入学
一般入学
費用 入学時納入金 734,000円
内訳
入学金 150,000円
前期授業料 390,000円
諸費用 194,000円
※教材費等の記載なし
専門学校の特徴 ビジネスの専門学校のような名称ですが、動物看護師統一認定試験に対応したカリキュラムを組み、 充実した施設・設備を駆使しペット業界から求められている人材育成を目指しています。
インターンシップ等、プロの現場での実習経験を積むことができ、3年連続就職率100%を誇ります。

北海道どうぶつ・医療専門学校

住所北海道府札幌市
入学方法 入学試験有り
AO特待生入学
推薦入学
一般入学
費用 入学時納入金 680,000円
内訳
入学金 120,000円
前期学費 300,000円
施設設備費 260,000円
※別途教材費として29万円程度必要
専門学校の特徴 動物看護師やトリマーの育成を専門とした学校です。
動物看護師統一認定試験にも対応した授業内容でありながら、実践力を養うため実習を中心としたカリキュラムが組まれています。 「社会人の育成」という点に力を入れており、挨拶の仕方等を学ぶこともでき、就職後は即戦力として働ける人材育成を目指しています。

専門学校では何をどのくらい勉強するの?

専門学校の制度

専門課程を置く専修学校のことを専門学校といいます。動物看護科は多くの専門学校で二年制を採用しています。
一年次、二年次がそれぞれ前期後期の二学期に分かれます。卒業後の取得学位は「準学士」です。 奨学金制度・海外研修制度等を設けている大学も多々あります。
また、就職後すぐに即戦力として働けるようインターンシップ制度が充実している専門学校もたくさんあります。

専門学校で学ぶこと

専門学校動物看護科で学ぶことは、獣医師の助手として働くための知識・スキルです。
診察補助の仕方、手術補助の仕方、動物のお世話の仕方等が基本になります。就職後即戦力として働け出せるよう、実習・実地での授業を多く設けている学校もあります。また多くの専門学校で、何らかの免許・資格を取得できるようにカリキュラムが組まれています。

現在では、動物看護師統一認定資格試験合格のためのコアカリキュラムを採用している専門学校が増えている傾向にあります。
カルテの書き方・受付の方法や、挨拶等の社会人としての基本を教えてくれる学校もあります。 「実践力」「即戦力」を身につけることに重点をおいている専門学校が多いようです。

専門学校を卒業した後

2年間ないしは3年間学び卒業したあと、大学等への進学という選択もあります。しかしながら基本的には就職する方が多いようです。
多くの専門学校が高い就職率を誇っており、動物看護科を卒業し場合動物病院等へ就職するケースが多いです。

どんな動物看護師資格があるの?

「動物看護師統一認定試験」

国家資格のない動物看護師という職種では、民間団体による免許認定が一般的です。 その中で「最も信頼性がおける」と認識されている資格・免許が「動物看護師統一認定資格」です。 この資格を持つ動物看護師を「認定動物看護師」と呼びます。
最近では、この資格の認知度も高まり、この資格を持っていることが就職活動の際でも優位に働くようになってきました。

資格の説明

動物医療の専門家、資格認定を行っていた民間団体、獣医学会、行政に携わる人々等、動物医療に携わる様々な人たちによって、2011年に一般財団法人「動物看護師統一認定機構」が設立されました。この機構によって実施されているのが、「動物看護師統一認定試験」です。
実は、動物看護師になるために必要な国家資格はありません。法律上では誰でもなれる職種なのです。しかしながら、ペット医療への関心が高まってきていることに伴い、動物看護師の地位・質の向上のため民間団体による資格認定制度が誕生しました。
この資格認定は、それぞれの民間団体が独自に試験を実施し独自に認定を行うというものです。動物看護師の呼び方も「ペット看護師」「小動物看護師」等、民間団体によって様々です。この方法だと、試験内容・難易度がばらばらであることから、資格保持者のレベルにバラつきが出てしまいます。今現在国家資格ではありませんが、将来的には動物看護師を公的資格にしようという動きは活発化しています。

大学の学科に動物看護科も登場しました。動物看護師という職種は変わってきているのです。そこで、公的資格化の第一歩として、資格レベルのばらつきを解消、統一化するために「動物看護師統一認定機構」が設立され、この機構による「動物看護師統一認定試験」が誕生したのです。
動物看護師の資格・免許は様々にありますが、現在において、「最も信頼性のおける動物看護師の資格」として一般的に認められているのが動物看護師統一認定試験に合格した「認定動物看護師」であると言えます。

資格の特徴

一番の特徴は、この資格を持っている動物看護師だけが「認定動物看護師」と呼ばれるという点です。
民間団体がそれぞれ独自に認可していた時は、認可した動物看護師の呼び方は団体によって様々でした。それらの資格も無効になるわけではないと思いますが、いわゆる旧資格であり、効力は弱まりつつあるようです。
それらと比較すると、認定動物看護師は国家資格ではないものの、その前段階として様々な団体や専門家の方々の合意を得て作られた資格です。動物看護の世界においては、今現在もっとも信頼性の高い資格だと言えるのではないでしょうか。そのため、この資格の有無で就職活動の成功率も変わってくる可能性が高いです。また、会社によってはこの資格があることで優遇される場合や、この資格を持っていることが応募者の必須条件という場合もあります。

資格を取るには

受験資格ですが、動物看護師統一認定機構のHPによると「動物看護師統一認定機構が推奨したコアカリキュラムに基づく「動物看護学」を教育する学科あるいはコースを有する専修学校あるいは大学において、認定動物看護師になるのに必要な単位または必要時間数を正規課程で修めた者」とあります。
つまり動物看護に関する学科のある大学ないしは専門学校を卒業しているということですね。

卒業していた場合でも、別途受験資格取得講座に参加していないと受験不可能という場合もあるようです。
また、大学・専門学校を卒業していない場合でも、8つの民間団体(日本動物病院(福祉)協会、全日本獣医師協同組合、日本動物衛生看護師協会、日本動物看護学会、日本動物福祉職能協会、日本動物専門学校協会、全日本動物専門教育協会、日本小動物獣医師会)が過去に交付していた認定資格のどれか1つを取得した人であれば、受験資格取得講座に参加すれば受験可能なようです。色々と複雑な条件もあるようなので、資格取得を考えている方はHPを確認し、受験資格を満たしているのか確認してみてください。
試験はマークシート方式で一般問題・実地問題に分かれています。合格率は毎年80%を超えているようなので、超難関資格とまではいかないと思います。

どんな動物看護師専門学校があるの?

資格取得のためのスクール

先程も述べたとおり、動物看護師統一認定試験の受験資格は「大学ないしは専門学校の動物看護科を修了していること」です。ただし、大学・専門学校を卒業していない場合でも、条件を満たせば受験資格取得講座を受講し受験することが可能です。
受験資格の有無には様々な要素があるため、興味・不安がある方は、動物看護師統一認定気候のHPをご確認ください。試験に合格するためのスクール、予備校的なものは今現在はありません。受験を考えている方は独自に勉強しているようです。大学や専門学校によっては試験合格を目指した特別対策授業・模試等を開催している場合もあります。

どんな勉強をすればいいの?

この試験の合格率が毎年80%を超えていることからも、難関試験ではないと判断できます。大学や専門学校で学んだことをしっかりと復習しておくことが大切です。試験合格のための対策本もたくさん出ていますし、動物看護師統一認定機構のHPには過去の問題集も掲載されています。大学や専門学校で学んでいない場合も、それらの教材を駆使すれば合格の確率は十分にあると言えます。

資格取得にはどのくらい費用が掛かるの?

2017年度の受験料は12,360円(税込)です。
内訳は、受験料10,800円、要項請求料1,080円、受験票・通知送付料等480円です。受験料は今現在一定ではなく、毎年変動が見られるようです。この金額はあくまでも受験料です。勉強をするための教材は別途掛かります。
受験資格取得講座に参加する場合は、受講料21,600円が必要となります。さらに言えば、メインの受験資格「動物看護科のある大学・専門学校を卒業している」を満たすためには多額の学費等が掛かります。しかし、「認定動物看護師」は将来的には国家資格となる可能性があります。国家資格となると医療に携わることでもあることから、取得までに更なる費用・時間がかかることが予想されます。そのため「将来を考えると今習得しておくのがいいのではないか。」と考えている人も多いようです。

動物看護師はどんな仕事をするの?

診察補助

診察の補助をします。多くの動物が病院が嫌いです。喜んで診察台に登り、おとなしく診察を受けるそんな動物は少ないですね。
そこで、獣医師が診察をしやすいようやんわりと押さえつけ動物を安定させるという「保定」がメインの仕事です。
注射をする、触診するといった医療行為は禁止されていますので、あくまでも補助として入ります。毛玉をほぐす、目やにを取るといった行為は獣医師指導のもとであれば可能です。

手術補助

手術室・器具の準備等から始まり、麻酔の管理等手術中の獣医師の補助をします。こちらも医療行為はできません。
必要な器具を手渡しするといった行為がメインとなります。

預かっている動物のお世話

多くは入院中の動物のお世話です。朝来て糞尿の量等の健康チェック、薬の投与、給餌、散歩(可能な場合)等があります。
ペットホテルとしてあずける場合は、給餌、お散歩等が主な作業になります。具合が悪い動物は餌を食べないということも多々あり、その場合強制給餌をすることになります。
ほぼ寝たきりのようなコに対しては、床ずれを防ぐため数時間おきにカラダの向きを変えてあげることもあります。
人間と違いナースコールができるわけではありません。常に容態を気遣ってあげる必要があります。

清掃

地味なようでいて、重要な仕事です。
診察後の診察台、器具の管理等を含みます。動物病院では、糞尿の処理の仕方にも細心の注意を払う必要があります。動物病院には立入検査が行われます。その際に院内が清潔であることは必須事項です。

受付・会計・カルテ整理

事務員を別で雇っている病院もありますが、多くの病院でこれらの作業は動物看護師が任されています。
受付の際に飼い主から症状を聞く、薬が処方されている場合は、会計時に飼い主に説明するといったことが求められます。膨大な量のカルテの整理も大切な仕事の一つです。

どんな能力が求められるの?

動物看護師のほとんどが動物が好きな人たちですよね。しかしながら、動物看護師は「動物が好き」というだけではやっていけない仕事なのです。動物が好きということ以外にも、動物看護師には様々な能力・資質が求められます。どんな能力・資質が必要なのか、ここでは、動物病院が求める動物看護師の能力・資質を紹介します。

診察補助

最も求められる能力は「保定」です。保定は動物が動かないよう固定することを指します。動物はとにかく動きます。「その動物たちを、いかに診察のしやすい格好で抑えられるか」ということが、保定で求められる能力ではないでしょうか。筆者も動物を診察してもらうことがありますが、その暴れっぷりは申し訳ないと土下座をしたくなるほどです。とても診察は無理なのではないかと毎回心配になりますが、上手に抑えてくれます。中にはまだ上手に抑えられない看護師さんもいて、その場合診察が長引いてしまい余計に大変なことになります。保定のスキルは必須です。

手術補助

手術の手順、必要な器具、その器具を使う場面、麻酔の管理等、様々な外科的知識が必要となります。

入院中の動物のお世話

動物の状態を見て、正確に健康状態を判断する能力が求められます。投薬、強制給餌が必要な場合も多いです。その際は、素早く口を開かせ投薬、給餌を行う必要があります。

コミニュケーション能力

飼い主とのやり取りも動物看護師にとって大切な仕事の一つです。
受付時に、「どういった症状があって、いつからかなのか」というような問診をきちんとできると、診察がスムーズに行きます。コミニュケーション能力が高いと、多くの情報を引き出すこともできます。

動物とは話が出来ない分、どういう状態であったかを飼い主から正確に聞き出せるかどうかは大切なポイントです。
ぶっきらぼう、感じが悪い動物看護師よりは、やさしく話を聞いてくれる動物看護師の方にお任せする方がなんとなく安心できる気がしまよね。
「飼い主を安心させ、必要な情報を聞き出す」。そのためのコミュニケーション能力が必要なのです。

動物病院でもとめる人材

動物病院が求める人材にも色々あります。動物が好きであるということは当然です。
それ以外の条件で多くの動物病院で言われることは、「体力があること」です。動物看護師というのはかなりの重労働です。
朝早く出勤し、入院している動物たちの健康チェック・お世話、診察の準備を終えます。
午前の診察が始まると、受付、大暴れする猫の保定や大型犬の保定等の診察補助に入ります。
お昼休憩後午後の診察時間までの時間を、多くの動物病院が手術に当てています。そこでは当然手術補助に入ります。
午後の診察が始まると、午前中同様診察補助に入ります。
その間も、空いている時間は、預かっている動物たちのことを気にかけなくてはいけません。
診察が終了したら、清掃・カルテの整理、明日の準備、預かっている動物たちの最終チャック等の作業があります。多くの病院がシフト制を採用しているので、朝から晩までということはほとんどありませんが、それでもかなりの体力が必要であることがわかります。体力的な問題は、業務効率を大きく下げることにもつながってしまいます。そのため、「体力があり、明るく業務に参加できる」という資質を持つ動物看護師を求めている動物病院が多いのです。それに加え、前述したようなコミュニケーション能力の高さ等の能力が求められます。

動物看護師はどこで働いているの?

動物看護科を卒業した人たちが選ぶ職場のなかで、大部分を占めるのが動物病院です。
動物看護師は医療行為が出来ないことから、獣医師の元で働く場合が最も勉強してきたことを発揮できると言えるかもしれません。
動物病院勤務であれば診察補助はもちろん、手術補助、獣医師の指示のもとに行われる医療行為に近い行為等の作業が可能です。

しかし最近ではペットビジネスが多様化してきていることから、職場選びの選択肢も増えてきています。
では実際にどんな選択肢が考えられるでしょうか。
ここでは、動物に関連する職場に動物看護師としてどう関わっていけるのかということを紹介していきます。動物看護師とは関係ない場合もあります。ご了承ください。

動物病院

先程も述べたとおり、動物看護師が選ぶ最もポピュラーな就職先が動物病院です。大学病院、大手会社経営のよる動物病院、個人病院等、一口に動物病院といっても様々です。動物病院によっても様々なので一概に言うことはできませんが、大学病院が募集する動物看護師の応募資格の必須事項に、動物看護師統一認定試験に合格した「認定動物看護師」であるという項目をよく目にします。その他の動物病院においては、免許・資格保持者を優遇する場合が多いですね。

動物園

動物園で働く場合、動物園勤務の獣医師の助手として働ける可能性があるかもしれないという程度です。動物園での診察は、獣医師と飼育員で行われることが基本です。そのため動物看護師としての役割は必要ありません。動物園で働くためには飼育員としての知識・条件が必要になると思われます。

ペットショップ

いると思われます。面接時に動物看護師であることを伝えれば、採用に優位に働く可能性はあります。
さらに、トリミングを併設しているペットショップでは、動物看護師兼トリマーという方は優位かもしれません。実際に、専門学校には3年かけて動物看護とトリミングの両方を学ぶコースもあります。

ペットホテル・ペットシッター

最近のペット産業の中で、急成長しているビジネスの一つです。様々なペットシッター、ペットホテルが登場していますが、 働くにあたって必要な資格等はありません。

しかしながら最近では、スタッフが全員動物看護師であることを謳っている会社が多数登場しています。
預ける側の気持ちになると、納得がいきますよね。ペットホテル・ペットシッターに必要な資格が無いとは言え、 きちんと学校で学び、動物の専門知識を持っていた人に預ける方が安心できます。
もちろん医療行為はできませんが、何かあった時に冷静に対応してもらえるだろうという安心感があります。 ペットシッター・ホテルは、きちんと登録をして手続きを踏めば法人化する必要がないので、動物看護師の方が、ご自身で開業することもあるようです。

しつけ教室

トレーナーにも公的資格は必要ありません。
しかしながら、トレーナーとしての知識は必要です。そのため動物看護の勉強とは別に、動物トレーナーとして勉強することは必須です。
動物看護師であるということは、利用者の安心感を得るという意味で有効かもしれません。

ペットケアホーム

いわゆる、動物のための介護ホームです。最近登場しました。
多くの施設が、かかりつけの動物病院との連携体制を整えています。
爪切り、肛門絞り等、トリミングに近い業務は行えますが、医療行為は行えません。 しかし老齢の動物を預かることから、健康状態・急変等への対応等の知識の多い動物看護師を積極的に雇う施設が多いようです。

職場によって仕事内容は変わるの?

様々な職場の可能性がある動物看護師ですが、職場によって仕事内容はどう変わるのかを説明していきます。

動物病院

診察中の獣医師の補助、投薬、手術の補助、動物のお世話等が主な仕事です。
診察中は、動物を安全に、かつ診察しやすいように押さえる「保定」と呼ばれる仕事が主になります。手術に立ち会う手術補佐では、手術・器具の準備、麻酔の管理等を任されます。手術の補佐、投薬等の医療行為に近い作業は、全て獣医師の指示のもとに行われます。病院内の清掃も大切なお仕事です。糞尿の処理の仕方等の専門知識が必要となり、立ち入り検査の結果にも大きな影響を与えるため責任重大な作業です。
預かっている動物のお世話には、投薬、散歩、給餌等が含まれます。餌を食べないコに対しては、強制給餌が必要となる場合もあります。
動物病院によっては、カルテ整理・受付等のお仕事を任される場合もあります。

ペットショップ

ペットショップでは、動物看護師として学んだ医療行為に携わる知識はほとんど使えないでしょう。あくまでもペットショップのスタッフとして、日々の仕事をこなすことになります。
ただし健康状態のチェック等で学んだ知識を発揮する場はたくさんあると思います。トリミングが併設されているペットショップであれば、爪切り作業の手伝い等をできる可能性があります。

ペットホテル・ペットシッター

こちらもペットショップと同様です。動物病院で行うような医療行為、医療行為に近い作業はできません。
あくまでも、動物たちが飼い主が留守の間快適に過ごせるよう、環境を整え預かるだけです。給餌、散歩等が主な仕事になります。投薬等が必要なコは、基本的に預からないようにしていると思われます。しかし、なれない環境で体調を崩す子、急変してしまう子はいます。
そんな状況に応じて、冷静な対応をすることが動物看護師としてペットホテル・ペットシッターで働く人の責務と言えます。

ペットケアセンター

先程も述べたとおり、動物版介護施設です。医療行為は行えません。
しかし、爪切り、肛門絞り等生活をする上で必要な処置は受けることができます。多くのペットケアセンターが、かかりつけの動物病院と提携しているため、獣医師指導のもと、ペットホテル・ペットシッターに比べると動物看護師としての仕事がある可能性があります。

動物看護師という職種は国家資格ではありません。そのため、動物看護師だからこの作業・処置ができると明確に定められていません。出来る仕事の範囲は、業務形態で決められています。同じ動物看護師であっても、動物病院勤務で行う作業を、シッターとして預かっている間同様に行うことはできません。ただし、どの職種であっても、動物看護師として学んだ知識を活かして仕事することは可能だと言えます。

転職するにはどうすればいいの?

ひとつの会社で勤め上げることが美徳であった昔と違い、今はよりよい職場を求めて積極的に転職をする時代です。
それはもちろん動物看護師にも当てはまります。インターネットで、「動物看護師、転職」と検索をするとたくさんの求人が出てきます。

転職先を探すには?

基本的には、普通の転職と同じです。インターネットの転求人サイトを使う、求人広告を使う、転職先を誰かに紹介してもらうなどです。
個人経営の動物病院では、店頭に手書きの求人広告を張っている動物病院もあります。近所の動物病院への転職を考えている等、すでにめぼしい動物病院がある場合は直接求人について尋ねる方が効率的かもしれません。大学病院の求人情報は、大学病院のHPに記載されていることもあります。動物病院勤務ということにこだわらなけば、さらに求人の幅は広がります
。それらを駆使して、転職先を探す方法が一般的です。これだけインターネットが普及している時代ですから、転職先を探すことは難しくありません。

転職はしやすいの?

動物看護師の数は多いです。単純に動物病院の数と比較すると、職にあぶれる動物看護師の数は圧倒的多いと言われています。しかしながら、全員が全員動物看護師として働いているわけではないので、動物看護師は常に人手不足という動物病院は多いです。動物看護師は何人でも欲しいという忙しい動物病院は、意外と多いのです。
さらに最近では、動物看護師の活躍の場が、動物病院だけでなくペットケアセンター、ペットホテル等、どんどん広がっています。選択肢が多くあるので、転職自体が難しいということはないと思います。