動物ペットの求人・転職・募集

獣医師になるにはどうしたら良いの?

獣医師とは

社会貢献度の高い、動物のエキスパート!

獣医師の仕事は、動物病院での診療のみならず、農協(畜産の診療)、動物園、製薬・食品会社、地方自治体(保健所等)、検疫所など、多岐にわたっています。動物の飼育、診療、施術、衛生管理の指導等、動物のために欠かせないエキスパートです。

近年のペットブームで利用者が増加し、動物病院での獣医師の需要も伸びていますが、食品の安全性への社会のニーズの高まりにより、動物と人間共通の感染症対策、畜産の発展に貢献する専門家として、地方自治体や検疫所で働く獣医師への期待と必要性が大きくなっています。
獣医師の社会的需要が増すにつれ、全体的な獣医師の数は不足しており、獣医師の国家試験資格を持っていれば就職はほぼ100%可能です。ただ専門分野によってニーズのばらつきはあります。 また国家試験に通るための獣医系大学は数が少なく、しかも専門分野に応じて学部が違います。獣医師がカバーする仕事範囲は広いので、希望の職種を熟考して大学を選びましょう。

獣医師への道

獣医系大学に入学して獣医国家資格を得るのが第一歩!

獣医師は医師と同様に国家資格が必要な仕事です。まず獣医系の大学で学び、国家試験を習得するのが第一歩です。獣医師を目指す方は獣医学部や獣医学科がある大学に入学し、6年間(2年間の研修期間を含む)学ぶ必要があります。しかし獣医系の大学は数が少なく、かつ定員も少ないため入試はかなり難関です。

まずは大学の獣医学部か獣医系大学に入学し、大学に6年間しっかりと通い、獣医師国家試験の受験資格を手に入れましょう。

獣医師になるためのルート 

高校

獣医大学、大学の獣医学部
(2年の研修を含む6年)

獣医国家試験合格

動物病院、自治体などに就職