動物ペットの求人・転職・募集

トリマーになるには?

トリマーはどんな仕事をするの?

トリマーの仕事は、犬をシャンプーしたり毛をカットするだけではありません。
シャンプーやカット以外にも、犬のさまざまな身体のケアを行っているのです。

1.トリミング前の確認

トリミングを始める前に、必ず飼い主さんとよくお話しします。トリマーは、飼い主さんとのコミュニケーションも大切なので、トリマーになるには、十分な接客力も必要です。
飼い主さんには、ワンちゃんの最近の様子を確認したり、今回のトリミングのオーダーを細かく聞きます。体の毛をどれくらい残すか、まつげは残すか、しっぽの長さなど、細かくチェックします。
無事にワンちゃんをお預かりしたら、次はワンちゃんの体のチェックを行います。 目が充血していないか、どこか痛がるところはないか、耳は汚れていないか、体に傷がないかも確認します。

2.トリミングを行う

ワンちゃんの体のチェックが終わると、いよいよトリミングの作業に取り掛かかります。
爪切り、耳掃除、足裏の毛のカット、ブラッシングを行い、肛門腺絞り、シャンプー、ドライングをして、ようやく毛のカットをすることが出来ます。
カットまでに時間をかけすぎてしまうと、ワンちゃんも自分自身も疲れてしまい、カットを思うようにすることが出来なくなってしまいます。 トリミングの技術も、作業の速さも重要になります。

3.トリミングの仕事も大切ですが、トリミングルームや、器具を清潔に保つことも、トリマーの大切な仕事です。

トリミングルームの掃除、シンクを洗ったり、器具やトリミングテーブルの消毒も行います。

トリマーになるにはどうすればいいの?

︎トリマーになる方法

トリマーとして働きたいのであれば、トリマー養成の専門学校などに通い、トリマーの資格をとり、卒業しなければいけません。トリマーの仕事は、無資格だったり、未経験者の採用は難しいです。
専門学校で、トリマーになるための勉強をして就職希望のトリミングサロンや動物病院へ実習に行くのです。

︎どんな勉強が必要?

1.グルーミング学
トリマーにとって、1番重要な勉強です。
犬や猫の扱い方や、保定の仕方、トリミングの仕方などを学びます。犬の体の部位の名称や、犬種ごとの特徴や歴史、カットの仕方なども学びます。
2.解剖生理学
犬や猫の骨や内臓の名称、内臓の働きなどを学びます。 犬と猫の体の違いは意外と多いものです。
3.寄生虫学
犬や猫に寄生する外部寄生虫や内部寄生虫の種類や、感染経路や、生態などを学びます。トリマーとして働いていると、マダニやシラミなど寄生している犬や猫が来ることもあります。
4.栄養学
犬や猫に必要な栄養素や、それぞれの栄養素の働き、含まれる食材を学びます。ドッグフードやキャットフードの種類や、フードの安全性なども学びます。
5.しつけ学、行動学
トリマーとして働いていると、問題行動やしつけの相談なども受けることが多いです。犬や猫のしつけの仕方や、問題行動の原因や対策などを学びます。
6.繁殖学
犬や猫の妊娠や出産について、学びます。子犬や子猫の育て方などを学びます。
7.公衆衛生学
人畜共通伝染病(ズーノーシス)など、病気について学びます。動物から人へうつる病気は、数多くあります。

こちらは、専門学校などで座学で習う、主な教科になります。
他には、トリミング実習で、1年に何十頭もの犬や猫のトリミングを行い、トリミングの経験を積みます。 保定の仕方や使う器具や、やり方は、犬種や犬や猫の性格によっても、全然違うのです。 何度も経験を積み、いろいろな犬や猫に慣れるしかありません。
専門学校での勉強や実習でいい成績だったとしても、実際に現場で働いてみるとわからないことだらけなことが多いです。 専門学校では基本的なことを勉強しますが、就職してからも毎日が勉強の日々なのです。

トリマーの就職活動はどうするの?

トリマーなりたいと言っても、トリマーとして働ける就職先はいくつかあります。 トリマーの就職先、就職活動についてお話しします。

︎︎働く場所の候補

1.ペットショップ
ペットショップには、生体販売やペット用品の販売、トリミングルームも併設しているところがあります。ペットショップでペットホテルも受け付けているのであれば、ペットホテルでお預かりしているワンちゃんの散歩などのお世話もするでしょう。
猫の爪きりや、ショップによってはシャンプーをしているところもあります。
2.トリミングサロン
トリミングサロンによって、行っているサービスはさまざまです。例えば犬のシャンプーやカットだけではなく、泥パック、アロママッサージ、ネイルアートなど色々な技術を必要とされることもあるのです。猫のシャンプーをしているところもあります。個人経営のサロンや、チェーン店がありますが、トリマーとしての技術を持っていれば、どこのサロンでも重宝されます。
3.動物病院
動物病院の中にトリミングルームがある病院もあります。動物病院でトリマーとして働くと動物看護師の仕事をすることもあります。受付や電話、診察の保定や薬を作ったり、手術の助手に入ることもあります。動物病院でトリマーとして働く場合は、トリマーとしての知識だけでは、難しいです。混合ワクチンや狂犬病予防、フィラリアの予防について、犬や猫の病気や治療についてなどの知識も必要になってきます。動物病院によっては、犬猫だけではなく、うさぎの爪きりをすることもありますし、ハムスターやフェレットなどの小動物を保定したり、ペットホテルのお世話をすることもあります。

︎︎就職活動の方法

トリマーの就職活動の方法は、主に、求人を見つけ、1週間〜2週間、職場実習へ行き、実習中の働きぶりを見てもらい、採用が決まることが多いです。実習期間中は、掃除をしたり、犬や猫のシャンプーをしたりして、動物の扱い方や技術チェックされるでしょう。専門学校に在学中に、カリキュラム実習がありますが、その実習中に気に入られて就職が決まることもあります。夏休みや冬休みに実習をお願いして、就職先を探します。

︎︎︎面接の受け方

面接は、やはり明るくハキハキと話すことがです。採用になるかは、トリマーとしての技術ももちろん重要ですが、トリマーは接客業でもありますので、話し方や笑顔も大切です。面接だけで決まることはないと思いますが、面接もしっかりと受けましょう。