動物ペットの求人・転職・募集

ペットショップ店員になるには?

ペットショップ店員はどんな仕事をするの?

ペットショップ店員の仕事内容は大きく分けて5つあります。「生体管理」、「販売」、「商品管理・ディスプレイ」、「グルーミング」、「清掃」です。なんとなく、仕事内容の想像がつくとは思いますが、ここではそれぞれを具体的に説明していきます。

生体管理

いわゆる「動物のお世話」に該当する業務です。
まず、動物の種類によって必要なお世話が違います。ペットショップにいる動物で一番多いのは犬と猫と言っていいでしょう。例えばこの二種類だけだったとしても、動物の月齢によって餌の量が異なります。さらに、ペットショップによっては犬種・猫種に合わせて与える餌の種類が違う場合もあります。つまり、大きな括りで「犬」・「猫」の二種類だけだったとしても、餌の与え方はペットショップにいる動物の数だけあるということです。
さらにそこに鳥類、その他の哺乳類、爬虫類、魚類が加わる場合も多々あります。爬虫類、魚類は気温、水温にかなり気を使う必要があります。ペットショップでの日々の生活は、動物たちに多大なストレスを与えてしまう可能性があります。そのストレスは体調を崩す大きな要因となるでしょう。そのため毎日動物たちをしっかりと観察し、健康管理に気を遣うということが大切になります。

販売

動物を飼い主へ譲渡するということも、言い方は悪いですが「販売」というカテゴリーに入ります。それに加え、多くのペットショップが動物を飼うために必要な商品を多数取り扱っています。それらを販売することも、ペットショップ店員の日常的な業務と言えるでしょう。
お客様から様々な質問をされることも多々あります。それらにしっかりと答えられるだけの商品知識も、当然ながら必要になります。ペットショップの規模が大きくなればなるほど、それに比例して、勉強しなくてはいけないことが増えていきます。

商品管理・ディスプレイ

商品の賞味期限が切れていないかどうか、在庫はどのくらいあるのか、どの商品が需要があるのか等「取り扱っている商品をきちんと把握する」ということが必要とされます。勤務日数が増えれば、必要な時に発注をかけるといった作業を任される場合もあるでしょう。
「商品の綺麗な陳列をキープする」ということも大切です。それに加えて「より購買意欲をくすぐる陳列方法」、「効率よく商品を購入できる陳列方法」等を考え出せるスキルがあると、頼もしいペットショップ店員への道が拓けていくかもしれません。

グルーミング

飼い主が決まった動物を、引渡しの前に綺麗にしてあげます。嫁入り・婿入り準備といったところですね。
実際にグルーミングを行うのはトリマーの資格を持っている人です。ペットショップで雇っているトリマーや、提携している動物病院で行われます。そのため資格のないペットショップ店員はグルーミングのスケジュール調整等のセッティング役を担うことになります。

清掃

店内の清掃はもちろんのこと、動物の糞尿の始末、ゲージの清掃も大切な清掃業務の一つです。動物達の部屋が糞尿で汚れているという状況は、見た目が良くないとうこともありますが、なによりも病気の原因となってしまう可能性があります。
また自分のいる空間が糞尿で汚れているということは、多くの動物にとってストレス要因となります。そのため掃除には常に気をつけている必要があります。大規模なペットショップだと動物の数が多いため、清掃の回数も増えます。糞尿の状態で動物の健康状態をチェックする知識も必要となります。

ペットショップも多種多様でなので一概には言えませんが、上記の内容が多くのペットショップで共通するペットショップ店員の主な仕事となります。

ペットショップ店員になるにはどうすればいいの?

ペットショップ店員になる方法

ペットショップ店員になるために必要な資格はありません。
求人が出ているペットショップに応募し、面接を受け採用されれば立派なペットショップ店員です。ただし、最近の傾向として即戦力となる人材を求めているペットショップが多いようです。「長年の実務経験がある」「民間団体認定の動物看護師やその他の資格を持っている」等が即戦力として判断される基準となるようです。
しかしながら、あくまでも「合否に多少影響する」という程度のものであり絶対に必要というわけではありません。初心者大歓迎というペットショップも多くありますので「とりあえず応募してみる」ということが大切かもしれませんね。

どんな勉強が必要?

先程も述べたとおりペットショップ店員となるために必要な資格はありません。ただし、最近では民間団体認定の動物にまつわる様々な資格が存在し、それらが有利に働くということはあるようです。
動物看護師資格、日本愛玩動物協会認定の「愛玩動物飼養管理士」、JCK認定の「愛犬飼育管理士」等がよく挙げられます。またトリミングやペットシッターを請け負っているペットショップでは、店員兼○○ということは大きな強みになる可能性があります。

ペットショップ店員になるための就職活動はどうするの?

働く場所の候補

選び方としては、ペットショップの規模を考慮するといいかもしれません。「犬のみ」「犬・猫のみ」といったペットショップから、哺乳類・爬虫類・鳥類等幅広く取り扱っているペットショップと規模は様々です。どんな動物のお世話をするのか、事前にきちんと調べてから応募することをおすすめします。

就職活動の方法

特別な就職活動は必要ありません。求人を調べて「応募」→「面接」→「結果発表」となります。普通の就職活動です。

面接の受け方

こちらも通常の面接の受け方で問題ないと思います。経験年数や資格の有無等、アピールできるポイントがあればきちんと履歴書に記入し、面接の際に口頭でも伝えましょう。