動物ペットの求人・転職・募集

ペットシッターになるには?

ペットシッターはどんな仕事をするの?

最近は「ペットシッター」という言葉を耳にする機会が増えてきました。
シッターという言葉から、仕事内容はなんとなくは想像できますね。しかし実際にどこからどこまでがペットシッターの仕事なのか、 きちんと理解している人は少ないのではないでしょうか。

ペットシッターはみなさんの想像通り、依頼主の自宅を訪問し、ある一定の期間動物のお世話をする仕事です。「一時間○○円」が基本です。
ベビーシッターの動物版ですね。近所の人に留守の間餌をあげるよう頼まれる、足が悪い家族に代わってお散歩に行く、といった経験はありませんか?これらが、いわゆる「ペットシッターの仕事」です。

一昔前はご近所さん、近くに住んでいる家族等、頼める人がたくさんいました。しかし最近は、頼める人が周りにおらず困っているという人が増えてきています。
そんな人のために、「ペットシッター」という職種が登場しました。餌やり、お散歩等、日常的なお世話の代行が主な仕事です。

ペットシッターと同じように飼い主の代わりにお世話をするという職種では、ペットホテル、動物病院へのお預けがあります。
ペットホテルや病院へのお預けとの違いは、ペットシッターはご自宅へお邪魔し業務を行います。
動物にとっては、生活の環境が変わることは大きなストレスとなります。そのため、上手にお留守番が出来るコであればどこかに預けられるよりも、「シッターが家に来て餌・散歩等の世話をし、あとは一人でお留守番」の方がストレスなく飼い主の帰りを待つことができるのです。
また、ペットシッターは短時間での利用が可能です。そのため、「ペットホテル等と比べ安価で利用できる。」という利点もあります。

ペットシッターが対応できる仕事の種類は、シッターによって異なります。
投薬、病気の動物の看病等、シッター先のお家ごとに様々なことを頼まれます。それらに対応できるかどうかは、個々のシッターの能力です。出来なければお断りするだけですが、そうするとお客様が減ってしまいます。特に、病気のコはペットホテルでは受け入れを拒否されてしまうことが多いので、そういったコ達のペットシッターの需要は高いようです。そのため、ある程度のことをこなせるだけの能力は持っていたほうが良いでしょう。 

ペットシッターになるにはどうすればいいの?

ペットシッターになるために必要な資格はありません。基本的には、しっかりと動物のお世話ができればいいのです。
ペットシッターになるためには二つの方法があります。

会社に就職

一つ目は、ペットシッターを派遣する会社に就職する方法です。
先程も言いましたが、ペットシッターになるために必要な資格はありません。そのため、採用されればペットシッターとして働き出すことができます。
しかし、様々な民間団体によって認定されている民間資格を持っているとシッターとしての信頼度が増します。命を預かるペットシッターという仕事には、信頼性は必須です。

応募条件に特定の資格保有者であることを定めている会社もあります。信頼性が最も高い資格としては「認定動物看護師」が挙げられます。またペットシッターにのみ焦点を合わせる場合は、ビジネス教育連盟ペットシッタースクール認定の「認定ペットシッター」等が挙げられます。

独立して自ら開業

二つ目は、独立開業するという方法です。
個人事業主のペットシッターとして直接依頼を受け、自身で依頼をこなします。
開業するためには、様々な申請・登録をする必要が有り、それに伴って資格を習得する必要があります。

まず、ペットシッターとして開業するためには、第一種動物取扱業の「保管」の種別で登録申請・認可が必須です。さらに動物取扱責任者という資格を取得する必要があります。この資格取得のためには
1.「半年以上の実務経験がある」
2.「所定の教育機関を卒業している」
3.「所定の資格等を取得している」
のいずれか一つを満たしている必要があります。1や2の条件を満たすことが難しい場合は、3の条件を満たすために資格を取得しましょう。
資格はいくつかありますが、先程紹介した「認定ペットシッター」も含まれています。条件を満たし、動物取扱責任者研修を受けると申請可能となります。個人事業のペットシッターを始める場合、店舗は必要ありません。また設備へ等の初期投資もほとんど必要ないので、他の事業に比べ簡単に開業できるようです。
ただし、営業等は自身で行う必要があります。固定客をある程度確保している場合は別ですが、そうでない場合は宣伝のためにHPや広告を作成する必要があります。

ペットシッターになるにはどうすればいいの?

どんな勉強が必要?

シッターになるための資格はありません。そのため、「絶対に勉強しなければいけないこと」もありません。
しかし、命を預かる仕事です。知識がないままペットシッターとして働いていても、自身にも預かる動物にも良い結果は齎さないでしょう。想定外の事態は多々起こります。それにきちんと対応できるだけの知識が必要です。

また、預かる動物は様々です。それぞれの動物の生態・特徴はきちんと抑えておかなければいけません。
中には、扱いにくい動物もいます。その動物のお世話をうまくやるためにはどうしたらいいのか、きちんと想定しておく必要があります。
投薬等を行う場合は、きちんとした方法・手順を把握しておかなくてはいけません。また、中には無理難題を押し付けてくるお客様もいます。ペットシッターという仕事をよく理解していないと、きちんと断るということができません。
たとえ短時間だけの関わり合いであったとしても、トラブルを避けるためにも、様々な知識が必要となります。

ペットシッターになるための就職活動はどうするの?

働く場所の候補

ペットシッターを派遣する会社、ペットシッターを雇っているペットショップやトリミングサロン、個人事業主になる、等が働く場所の候補としてあげられます。
近年では、個人事業としてペットシッターになる人が増えているようです。

就職活動の方法

何らかの会社に属する場合は、通常の就職活動方法と同じです。「求人を探し、連絡をして面接」という流れですね。
ハローワークにもペットシッターの求人はあると思うので、そちらを利用する方法もあります。

面接の受け方

こちらも、通常の面接の受け方で問題ないと思います。 経験年数、資格の有無等、アピールできるポイントがあれば、きちんと履歴書に記入し、面接の際に口頭でも伝えましょう。