動物ペットの求人・転職・募集

動物看護師になるにはどうしたら良いの?

動物看護師はどんな仕事をするの?

動物看護師のお仕事は多種多様

基本的には、動物看護師は動物に対する直接的な医療行為は行えません。では何をするのかというと、診察中の獣医師の補助、投薬、手術の補助、動物のお世話等が主な仕事です。
動物病院を利用した方はよくわかると思いますが、動物看護師さんが診察中の動物を上手に押さえ込んだり、やさしく声をかけて動物を落ち着かせてくれたりします。また預かっている動物のお散歩等のお世話をしている看護師さんも度々見かけます。手術の補佐、投薬等の医療行為に近い作業は、全て獣医師の指示のもとに行われます。

病院内の清掃も大切なお仕事です。糞尿の処理の仕方等の専門知識が必要となり、立ち入り検査の結果にも大きな影響を与えるため、責任重大な作業です。
動物病院によっては、カルテ整理・受付等のお仕事を任される場合もあります。医療行為が出来ない反面、動物病院において、かなり多くの仕事を任されるのが動物看護師です。

また、最近では動物病院以外で働くという選択肢も増えてきました。動物看護師としてペットホテル等ではたらく場合、動物のケアが主な仕事となります。

動物看護師になるにはどんな資格がいるの?

動物看護師になるために必要な国家資格はない

ペット医療になくてはならない動物看護師ですが、実は、動物看護師になるために必要な国家資格はありません。
動物看護師の専門学校は昔からありますが、最近では大学でも動物看護学科なるものが登場し、学ぶ場所がどんどん増えています。 一口に動物看護師と言っても多種多様化しているのです。しかし法律上は、きちんと仕事内容を理解している人であれば誰でも動物看護師になることができます。

「それではあまりにも・・・」ということで、まず民間団体による認定を受ける免許が多数登場しました。
しかしながらこれらはあくまでも民間団体による認定であり、免許によって動物看護師のレベルが異なるという問題が存在します。

動物看護師統一認定試験とは

動物医療への意識が高まっている近年では、動物看護師のレベルをある程度統一し、きちんとした公的資格にしようという動きが活発になってきました。そこで、2011年に「動物看護師統一認定機構」なるものが登場します。

ここが実施している試験に合格した人を「認定動物看護師」と呼ぶようになりました。国家資格ではありませんが、認定動物看護師と呼ばれる方々が「今現在最も信頼性の高い認定を受けている動物看護師」と言ってよいのではないでしょうか。

動物看護師統一認定試験は、マークシート方式の一般問題と実地問題からなります。当然のことながら、動物看護学に関する問題が出ます。合格率は80%強なので超難関というほどではありません。
ただしこの試験を受けるには、動物看護学を学校で修了している等の必要条件があります。認定動物看護師を目指すのならば、例外はありますが、専門学校・大学等への進学が必須です。

将来を見据えて選択しよう

動物病院の求人広告をみるとよくわかるのですが、条件欄に未経験者歓迎・専門学校卒・大学卒といった区分が存在することが多いです。学校を卒業していることが絶対条件である動物病院もあれば、未経験者を歓迎している病院もあります。未経験者の場合でも病院できちんとした指導を受けられると思いますので、過度に不安を抱く必要はないと思います。

しかしながら、当然といえば当然ですが、経験者や学校卒業者は優遇されます。学校を卒業しているかどうかで、初任給に違いがある場合が多いです。また、現在は動物看護師を目指す人のほとんどが、大学や専門学校を卒業しています。法律上は問題ないとしても、全くの未経験で動物看護師になるケースは、全体の1割に満たないそうです。

現在のところ国家資格を必要としない動物看護師ですが、先ほども述べたように、動物医療への意識の高まりに伴って、将来は動物看護師の国家資格が制定される可能性は高いです。将来のことを考えて、動物看護師になるための方法を選択することも大切なことだと思います。

動物看護師の就職活動はどうするの?

働く場所の候補

動物看護師の職場は動物病院だけだと思っている方も多いと思います。
もちろん動物看護師の職場として多くを占めているのは動物病院です。しかし、最近は動物に関するビジネスが多様化していることから、動物看護師の働く場所も多様化しています。
ペットショップ、ペットホテル、ペットサロン、動物園等、活躍の場は様々です。自宅で個人的にペットホテルを開業する方もたくさんいます。ペットホテルやサロンに動物看護師の方がいると、なんとなく安心できるような気がしますよね。

動物関連の事業では、動物看護師という肩書きは大きな強みとなるのではないでしょうか。最近ではペットのしつけ等の資格も登場しています。それらを併せ持っていると、より選択肢が広がり、さらには就職活動を有利に進めることが出来るかもしれません。

就職活動の方法

特別な就職活動が必要ということはありません。
求人が出ているかを確認し応募するという、一般的な就職活動と同じだと思われます。
注意点としては、福利厚生の充実や勤務体系等をしっかり吟味することです。例えば大きな動物病院ではあまり心配はありませんが、個人経営の動物病院では福利厚生が十分でない場合があります。
また深夜勤務がある場合、それに対する手当等も重要な考慮すべきポイントです。

言葉の通じない動物を相手にし、業務内容は多岐にわたることが多いため、動物看護師の仕事はなかなかの重労働であると予想されます。
それに対してきちんとした手当、保障が得られない職場では長く働くことは難しいのではないでしょうか。求人を比べ、自分にあった仕事内容であるかどうか、十分に保証を得ることができるか等を下調べをきっちりとして応募することをおすすめします。

面接の受け方

面接の受け方も基本的には一般的な就職活動の面接と一緒だと言っていいでしょう。
面接でアピールするポイントとしては、まず第一に動物に関連する資格を持っているかどうかです。
動物看護師の資格はもちろんのこと、トリミングやしつけ等の免許を持っている場合はしっかりアピールするといいかもしれません。ただし、闇雲にアピールすればいいということでもないので、その会社にとって有益になりそうな免許かどうかをきちんと見極める必要はあるかもしれません。

次に動物病院を含め多くの動物に関する事業の場合、飼い主とのやり取りは必須事項です。
そのため、コミュニケーション能力等の有無も大切なポイントです。また重労働であることから、体力の有無、 体を動かすことが苦ではない等の人物を求めている場合が多いと思われます。これらのことを積極的にアピールするといいかもしれません。